華やかな果実味

元気と勇気と自信しかない

横尾渉(32)とYummyな福岡初日


f:id:www2319:20180521123120j:image

 

 

 

 


節目とは何だったのかなんて言うのは野暮な話で。
みんなでお祝いできた事実だけ受け止めて生きてく。 

レポはあまり得意ではないのでなんとなくどんな風に感じたかだけφ(._. )メモメモ

 

行ってきました福岡公演初日!!!5月19日。

 

 

横尾さんの誕生日当日じゃないけど近いし、あわよくばドームでみんなでお祝いできるかも?って思ったけど節目じゃないから望み薄いなあと思いつつ。みんなでおめでとうが出来なくても1人でうちわ作るくらいならできるし、気持ちが大事よなと思って。

 

行けたらいいなって気持ちで福岡公演応募してみたら行けることになって。実際直前までうちわどうするか悩んでた。全然見えない席になる可能性もあるし。でもとりあえずセリアのハッピーバースデーのウォールステッカーを団扇に貼ったらとんでもなくお手軽にうちわ完成した。数字は付け足したけど。便利な世の中になりました。

 

そして当日。
開演10分前に円陣が聴こえて高まる気持ちと緊張感。

アリーナで前の通路から3列目で前は空席でその前はちびっ子でめちゃくちゃ視界良好な席。てるみーほわい横尾さんド正面で早々に死んだ。
にこにこして歌う横尾さんがかっこよくて可愛くて全部疲れ吹っ飛んだ。2時間飛行機乗って初めての日本海に砂浜ではしゃいで福岡来ただけでもはやお腹いっぱいになってたのがリセットされた。来れて良かった。生きてて良かった。

 


公演中、とにかく誰が近くに来ても「お祝いさせて」団扇を向けてアピール。見えてるか見えてないかは分からないけどすこしでもお祝いしたい気持ちが伝わったらいいなと。


程なくして、さんきゅーじゃんのとき横尾さんが近くまで来て真正面で止まってくれたからすかさず「横尾担です」の面。
にこにこして指差してうなづいてくれて。一緒に入った妹と無言でハイタッチ。この時点で来てよかったって思ったのn度目。


その後、「お祝いさせて」の面は藤ヶ谷さんがうなづいてくれたから横尾さんにも伝わるといいなってすでに役目終えようとしてた。


MCに入り、もしかしたらと一縷の望みと一緒にうちわを持って。そしたら横尾さんまさかの立ち位置遠くて。

開演前はMCのとき下手に来たら目の前なんだけどなーと思ってたのにどうやら次の曲の関係らしくて上手で。少し遠かったけどたくさん喋る横尾さんが可愛くて笑顔で。魂いくらでも狩りそうな格好してるのに天使。天使のような悪魔の格好。すごい。だんだん距離なんか感じなくなった。

 

次の曲いくってなって。ああやっぱりドームでお誕生日お祝いなしか、まあラップも聞けたし横尾さんにこにこ絶好調で大満足だし何より平和なMC!!!と思ってたら。流れたのは待ってたイントロと違った。

 

周りの方達がまだ状況飲み込めずに座ってる中、1人で飛び上がってしまって泣きながら歌った。こんな瞬発力発揮したの後にも先にもないんじゃないかと。


そこから先は涙が止まらなかった。顔を伏せて崩れ落ちる横尾さんを見てとにかく身体をくの字にして泣くしかなかった。こんなに肩が震えるなんて知らなかった。本当に嬉しくて嬉しくて嬉しくて。企画してくださったメンバーやスタッフさんたちに感謝と横尾さん良かったねって気持ちと。それからなんで???節目じゃないのに!!!っていう一年前から拗ねてくすぶらせてた感情が全部ごちゃ混ぜになってたけどちゃんと横尾さんが代弁してくれて藤ヶ谷さんがきちんと通訳してくれたおかげで無事に落ち着いた。ありがとう。ドームでみんなでおめでとうできるのってこんな気持ちなんだ。ありがとう。


ステージの真ん中で主役になる横尾さん。
まさか本当にお祝い出来るとは。


去年「僕はいいんです」って言ってた横尾さん。そんな横尾さんが好きでした。
舞祭組村を経てどんどん自分をさらけ出せるようになったところも変わらない核の部分も丸々好きになりました。

 

オレンジの服を着る勇気をありがとう。

改めて横尾さん32歳のお誕生日おめでとうございます。
願わくはこれからも横尾さんにとって幸せな時間が続きますように。

 

 

 

 

 

ぱにたん。